TOPパブリシティパブリシティ平出ブログ お問合せ


外務省の在外公館長(大使、総領事)の赴任前研修の日本酒講座


2011年1月24日から設けられた外務省の在外公館長(大使、総領事)の赴任前研修の日本酒講座が行われました。
第一回からこの講座のコーディネートをさせていただ
いています。
在外公館では毎年IWCの上位受賞酒を中心
に作成したリストの日本酒が採用されています。
今年IW
Cでは、海外での人気の高いスパークリングの日本酒部門が新設されましたので、
今回の蔵元講師はスパークリング
サケで実績の高く、
また地元で酒蔵ツーリズムも推進され
ている「水芭蕉」銘柄で知られる永井酒造の永井社長にお願いしました。http://www.mizubasho.jp/internal/kura/item/pure/pure.html


他に講師は国税庁の技術専門官の先生、そして観光庁の酒蔵ツーリズム担当の方にもおいでいただき、
日本酒の魅力
、インバウンドも含めた地域活性までの可能性までをお話しいただきました。
講義後には大変活発な質疑があり、国を代表して発たれる皆さまが、
しっかり日本酒振興に活躍してくださると感じ
る事が出来ました。


この講座を支えてくださる外務省の在外公館課、研修所各部所、
各職員の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

外務省在外公館長赴任前研修の日本酒講座


2011年1月24日から始まった外務省の在外公館長の赴任前研修における日本酒講座を
初回よりコーディネート
しています。
講師は国税庁の分析官の方、そして毎回どちらかの蔵元さんにお越しいただいています。
また昨年、観光庁に出来上
がった酒蔵ツーリズム推進協議会の存在も知っていただこうと
講師の一人として観光庁からも来ていただいています


今回の蔵元さんは日本最古の蔵にして、
海外への輸出にも
大変熱心に取り組んでいらっしゃる「郷乃誉」の須藤源右衛門社長です。
http://www.sudohonke.co.jp/
須藤社長の海外プロモーションの多彩さに参加者からも称賛のコメントが多く寄せられました。

外務省在外公館赴任前研修 日本酒講座


2011年1月から始まった外務省の在外公館赴任前研修の
日本酒講座も4年目となりました。
任意参加のこの講座に外務省の皆様にはいつも大変熱心に準備、
参加者の声掛けをしていただいています。

今回の蔵元講師は山形県米沢市の「東光」銘柄で有名な
小嶋総本店の小嶋健市郎専務にお願いしました。
http://www.sake-toko.co.jp/main.php

いつも蔵元さんには地元の事もお話しいただいていますが、
上杉家の御用酒屋から始まった事もあり、
小嶋さんが「上杉さま」と話されるのが
長い歴史のお付き合いが伝わって感動しました。

参加者の皆さんからも、
蔵元さんの歴史に対して反響が強いように思います。

 


外務省研修所で日本酒講座


昨年に引き続き、今年も神奈川県相模原市相模大野にある外務省研修所で
全世界の在外公館に赴任される各省庁の方々に日本酒講座をする機会をいただきました



任意参加にも関わらず会議室が満席になるほどの盛況で、皆さま大変熱心に聞いていただきました

お願いした講師
は内閣府、国税庁、
そして蔵元代表は神奈川県海老名市の
いづみ橋酒造の橋場社長
http://izumibashi.com/


日本酒振興から地域活性、海外からの観光客誘致と
お酒を
きっかけに素晴らしい省庁連携が動き出しています


 

外務省新任の在外公館長赴任前研修の日本酒講座



2011年から始まった新任の在外公館長の赴任前講習会での日本酒講習が行われました

今回の蔵元講師は福島県喜多方市からほまれ酒造の唐橋社長が務めてくださっています


TICAD Yokohama 2013 第5回アフリカ開発会議の晩餐会



TICAD Yokohama 2013 第5回アフリカ開発会議の首相主催の晩餐会が
横浜のロイヤルパークホテルで、 和食と日本酒、日本産ワインでとりおこなわれました



外務省はこの日のためにメニュー検討委員会を立ち上げ、



並々ならぬ熱意でこの100人規模の大晩餐会を和食で実現しました




和食を監修された菊の井の村田吉弘氏は「あとになって、あの晩餐会から...
と言われるようになるかもしれない歴史の1ページを感じる。」と語られました

 

今回のメニュー検討委員の皆さんは村田吉弘氏(京都菊乃井)、
君嶋哲至氏(横浜君嶋屋社長)、
中本聡文氏(レストランロジェ、シェフソムリエ)の皆さんです



↓報道もTV、新聞に大きく取り上げられました

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130602/t10015015681000.html

http://www.youtube.com/watch?v=6v_iZwdzSbk

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130602/plc13060223440012-n1.htm


外務省の新任在外公館長赴任前研修時の日本酒講習会



外務省では2011年1月から在外公館長(大使や総領事)の赴任前研修に
日本酒を学ぶ時間を設けていただいています

今回で9回目となるこの日本酒講習会が行われました

受講は任意ですが毎回皆さん大変熱心に聞いてくださいます



毎回コーディネートをさせていただいていますが、講師は国税庁からそして蔵元の方
(今回は日本酒造青年協議会会長の関谷社長)にお願いしています



そして今回は昨年の国策となった國酒プロジェクトから
酒蔵ツーリズムに取り組む観光庁からも担当課長の方が説明にみえ、
益々、省庁連携の動きが加速しているように思います

また今回初めて数社の取材も入り、メディアの関心も高まっていると感じます



外務省研修所での日本酒講習



昨年より外務省本省で始まった新任の在外公館長への日本酒講習が今年の國酒プロジェクトを受けて赴任前の大使館員の皆さんにも広げて行われる事になりました



今回もコーディネートをさせていただきましたが、実費参加費を支払っての任意の参加者が78名と大盛況でした
外務省の在外公館課の担当者の方のご挨拶から始まり、国家戦略室の國酒プロジェクト担当者の方からの説明、そして国税庁の分析官の方から日本酒の造りについての説明と試飲、蔵元を代表してこの研修所から一番近い蔵である神奈川県海老名市のいづみ橋の橋場社長にお話をお願いしました
http://izumibashi.com/

 
実は橋場社長とは浅からぬご縁があります
2003年にロンドンのワイン教育機関で有志蔵元による日本酒セミナーを行った時の4蔵元のお一人が橋場さんでした



このロンドンでのセミナーに参加したのちのIWCのCo-Chairmanサム・ハロップ氏の尽力でIWCに日本酒部門が誕生したからです

そのIWCの上位受賞酒が現在在外公館に採用になり、こうした日本酒講習も始まったわけですから


1

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 木村酒造「大吟醸 福小町」 IWC2012 チャンピオンサケ受賞祝賀会♪
    世良 康雄

mobile

qrcode